フランチャイズ募集中|大阪の大行列店「人類みな麺類」系列店

大阪の大行列店「人類みな麺類」を創り上げた松村が、フランチャイズブランド「ラーメン大戦争」を始動!

はじめまして。

 

2012年に開業して以来、大阪で常に行列が出来ているラーメン店「人類みな麺類」を運営している松村貴大と申します。

 

お陰様で、ラーメン口コミサイト「ラーメンデータベース」さんでは通算で全国3位を頂いております。

 

※2019年12月時点

 

 

「大阪」においては2014年以来、有難いことに1位を頂いております。

 

 

さて今回、私のビジョンである “人類に、麺類を。”をテーマに、オンラインサロン型のラーメンFC専用ブランドをオープンしました。

 

 

その名も、

 

 

 

 

です!

 

 

「私の自信作である醤油を、全国に広めたい」という一心で、新しいラーメンの提供方法を常に考えてきました。

 

その結果、今回は今流行りの「オンラインサロン型」を取り入れたラーメンFCに挑戦することに!

 

『ラーメン屋でオンラインサロン?』と感じた方も、多いのではないでしょうか。

 

しかし、ネット社会に合わせた「新しい飲食の在り方」を考え、店長・店主が集まれるコミュニティーも作れるオンラインサロン型のラーメンFCこそが、最適だと思いました。

 

 

 

 

フランチャイズの簡単な概要!

基本的な部分は通常のフランチャイズと変わりません。
そこに「webでのサポート・交流」を加えたものになります。

 

※実店舗でのサポートももちろんございます

 

基本的な内容
  • 「ラーメン大戦争」ブランドの使用権利
  • 醤油ダレの購入権利が手に入る
  • 全てのメニューのレシピ提供
  • 松村による、ラーメン経営のノウハウ提供
  • 開業前・開業後サポート(後述)
  • コミュニティ内での、オーナー同士の交流
  • 半年に一回のオーナー焼肉交流会(大阪で開催)

 

 

開業サポート
  • 店舗選び
  • 店舗設計(レイアウト、内装、外装)
  • 食材供給システム
  • 本社指定の備品等購入(自費負担)
  • 開店前、1ヶ月間の実店舗(直営店)での実地トレーニング
  • 新店舗でオペレーショントレーニング
  • 開店から2〜3日、現場にてアドバイス
  • 借入時のアドバイスと書類作成サポート

 

 

開業後のサポート
  • 週1回、「勝つ」ためのテーマ共有

    ⇒松村が運営している全店舗で実施しているものと同じもの

  • オンライン上での質問等に対するサポート

    ⇒文章に残し、全オーナー・店長がいつでも見える化をするため

  • 6ヶ月に1度、焼肉交流会で情報交換
  • 6ヶ月に1度、大阪本店にて研修トレーニング

    ⇒自費負担で2泊3日

  • 6ヶ月に1度、店舗訪問を行い「オペレーション」「衛生」「接客」「売上UP」のアドバイス

 

 

 

積極的な交流による「成長・気づき」を大切にしたサロン型フランチャイズを目指します。

 

つまり「皆でブランドを創り上げていく」、そんな主体的な気持ちをお持ちの方を募集しております。

 

店舗での売上を最大限に伸ばせるよう、皆でコミュニティを盛り上げ、交流の場を有効活用していければと考えております。

 

 

 

 

人類に麺類を!FC展開を決めたキッカケ

2012年に「人類みな麺類」を開店して以来、「常に行列ができるラーメン屋」としてメディアに注目されてきました。

 

更に毎年違うブランドを立ち上げ

 

  • くそオヤジ最後のひとふり
  • 世界一暇なラーメン屋

 

などなど、違う味・コンセプトに関わらず、人が並ぶ店を次々に成功させて来ました。

 

 

【人類みな麺類】

 

 

 

【くそオヤジ最後のひとふり】

 

 

 

【世界一暇なラーメン屋】

※店前だけでなく、他店の前にまで行列が…

 

 

 

「人類」に「麺類」を届けるために、FC展開を!

上記以外にも、いくつかの店舗を展開しています。

 

しかし経営ビジョンである ”人類に、麺類を。” を果たすためには、今の体制では難しいことに気づきました。

 

そこで、「フランチャイズ」を考えることに。

 

昨今、コンビニにおけるフランチャイズ問題が表面化しており、

 

【フランチャイズ=搾取される=稼げない】

 

というイメージが根付いてしまっているのではないでしょうか。

 

そんな負のイメージに風穴を開けるべく「しっかり稼げる味・ノウハウを提供する」とともに、世界に「松村の醤油」を広げることで、win-win-winを築きあげられると信じております。

 

なお、フランチャイズだからと言って、私は味やサービスにおいて妥協するつもりは1ミリもありません。

 

多くのお客様に喜んで帰って頂けるよう、最大限努力できるオーナー店主様を募集しております。

 

 

 

 

店名に込めた2つの想い

「ラーメン大戦争」というブランド名には、以下の2つの想いを乗せております。

 

 

「既存の自社店舗」に打ち勝つ!

上で写真を掲載したとおり、既存の店舗は良くも悪くも「成熟」しています。
そのため、「さらなる成長を目指しこれら自社店舗に打ち勝つ気持ちで、大戦争を仕掛けよう!」という想い。

 

 

「他社のチェーン店」に打ち勝つ!

「フランチャイズ展開する以上、当たり前ですが “全国No. 1になる!” という強い気持で挑もう!」という想い。

 

 

私たちだけでなく、FC加盟(サロン入会)されるオーナー様方にも、これらの想い・熱意をお持ち頂くことが必要です。

 

飲食を通し、成長できることの楽しさを皆さんと共有できたらと思います。

 

 

 

 

フランチャイズ加盟募集を開始しました!

FCでは、オンラインサロン費(いわゆるロイヤルティ)を30万円としておりますが、店舗開店後は売上の7%とします。

 

さらに上限を30万円としているため、売上が上がれば上がるほどお得です。

 

契約では、事前に双方の認識合わせや審査を必要とします。

 

そのため、本格FCに興味・質問のある方は、ぜひ以下のLINE@にご登録下さいませ!

 

応募・質問用 LINE@

 

なお、頂きました質問に関しては当ページもしくはLINE@にて回答致します。

 

新型コロナの影響につきまして

 

ラーメン大戦争本店は大阪の歓楽街「なんば」のど真ん中に位置していることから、一時的な臨時休業とさせて頂いております。

 

しかし、自粛が解除されましたら引き続き「ラーメン大戦争FCプロジェクト」は再開しますので、ご質問等ありましたらお気軽にお問合せ下さい。

 

 

 

フランチャイズに関するよくある質問

契約はどのように進めるのでしょうか?
LINE@でご連絡を頂き、出来る限り双方の認識合わせを行います。

(どんどん質問して下さい。)

 

その後はざっくりと、

 

  1. 直接お会いして説明(道頓堀店にて実食も可能です)
  2. 立地調査
  3. 契約
  4. 物件取得
  5. 工事&実地トレーニング
  6. オープン

 

という流れになります。

 

必ず研修は必要ですか?
必ず「店舗オーナー様」もしくは「お店を任せても大丈夫だと、自信を持って推せる方」にご参加頂く必要がございます。

 

研修期間は?
20日〜30日必要です。

※後述する工事期間中に研修を進めていきます。

 

研修中の宿泊費などは負担してもらえますか?
当社では負担出来かねます。

そのため遠方よりお越しの方は、宿泊費・交通費など計20〜30万円の自費負担をご承知置き下さい。

 

研修が終わらないという事もありますか?
修行ではなくビジネスですので、必ず30日以内で習得していただきます。

 

オーナーも店に立たなければなりませんか?
フランチャイズでは「ブランドを背負う」ことになります。

半端な気持ちではブランドを毀損することに繋がり、他のオーナー店長様にも迷惑となります。
そのため、基本的には「オーナー店長として店に立てる方」が望ましいです。
ただしすでに飲食店を経営されており、任せられる方がいらっしゃいましたら、その方でも構いません。

 

※他業種で法人化されており、ラーメン屋に本気で参入をお考えの会社様は一度ご相談下さいませ

 

アルバイトや社員の育成は本部側で行ってもらえますか?
店舗スタッフの指導は貴社で行なって頂きます。

 

契約からオープンまで、どれくらいの日数がかかりますか?
テナント工事・研修などを含めて約2ヶ月かかります。

 

工事期間はどれくらい?
30日〜45日程度かかります。

 

内装などでどれくらいの費用が必要ですか?
店舗の広さにもよりますが、坪単価100万円程度必要です。

(約15坪のテナントの場合、100×15=1500万円)

 

その他、ざっくりと

 

  • 厨房器具:350万円(リース契約をすれば初期費用から省けます)
  • 物件取得費:250万円
  • 備品:200万円

 

などが掛かります。
※券売機はリースとなります

 

全体でいくら必要でしょうか?
最終的に「半年の運営費用」も含めて考えると、2,000万円〜2,500万円が必要です。

 

他所より大きく感じるかもしれませんが、「運営費用」まで含めて説明しているところは少ないと思います。
「店舗が小さい」「居抜き物件である」などの条件によっては1000万円〜でも開業までは辿りつけますが、念のためその後の「半年の運営費用」は余裕をみて考えておいた方が良いです。
万が一「運営資金」が底をついてしまった場合、初期投資が無駄になってしまいます。

 

借り入れする場合も、不要であれば前倒しで返せるため、最初は多めに借りておいた方が無難です。

 

オンラインサロン費用以外に貴社に払う費用はありませんか?
加盟金・保証金はありません。

契約タイミングより、毎月30万円の固定オンラインサロン費が掛かります。

 

店舗開店後は「売上の7%のみ/月」としておりますがですが、上限を30万円としているため、売上が上がれば上がるほどお得です。

 

なお一般的なフランチャイズ形態では、

 

  • 加盟金
  • 保証金
  • ブランド使用料
  • 研修費
  • 宣伝費
  • 企画費

 

などが掛かります。

 

しかし、ラーメン店では店舗を構えることで「初期費用」が掛かりますので、このようなシンプルな形態にしました。

 

※仕入れ・光熱費等、店の運営費用はすべて自費です

 

FC代(30万円)はいつから発生しますか?
契約した日から発生致します。

契約後に内装設計・研修・工事手配などに進みますので、オープンまでの2ヶ月間にも合計60万円(月30万×2)が掛かります。

 

実質これが加盟金のような位置づけになります。

 

また月途中の契約の場合は、損のない様に日割り計算します。

 

店舗開店後は売上の7%(上限30万円)です。

 

現在のラーメン店を「ラーメン大戦争」としてリニューアル可能ですか?
可能です。

ただし松村が立地・内装等を確認の上、適切ではないと判断した場合、お断りさせて頂く場合もございます。

 

出店制限はありますか?
あります。

店舗間での競合が起こらないように、本部にて人口密度を考慮して制限させて頂きます。
なお、一人の店主様が複数店舗出店されることも可能です。

 

  • 2店舗目:6%(上限30万円)
  • 3店舗目以降:5%(上限30万円)

 

開業する際のメニュー縛りはありますか?
レシピはすべてこちらから提供するものに限ります。

ラーメン大戦争では、レギュラーメニューで繁盛させることをモットーにしております。

 

ラーメン屋未経験者でも大丈夫ですか?
大丈夫です。

ただし情熱や素直さをお持ちの方に限ります。

 

味と立地はどちらが大切ですか?
味です。常に美味しいものを提供できないければリピートはありません。

ただし一人でも多くのお客様にご来店いただけるよう、実際に松村が「立地調査」も行います。

 

サロン入会にあたっての審査はある?
ございます。

上でも少し触れておりますが、フランチャイズでは皆さんが「ラーメン大戦争」のブランドを背負います。

 

これにより「私の持っているノウハウ」「ブランド力」を享受できる点がメリットとなります。
一方で、一部のオーナー様の行いによる「ブランドの毀損」が、他のオーナー店主様にも影響を及ぼす可能性もあります。

 

これは弊社に関わらず「フランチャイズ」という形式上は付きまとうデメリットではありますが、オーナー店主様そして弊社のブランドを大切にする意味で、事前に審査させて頂きます。

 

「こんな人はNG」という人は?
@主体的に物事を考えられない方

オンラインサロン型FCと言えども、FCであることには違いありません。
つまり、弊社とあなたはビジネスパートナーです。

弊社側としてもバックアップはしますが、『UNCHI側ですべてやってくれる』という他力本願な方はご遠慮願います。
フランチャイズは立派な「事業」ですので、自分自身で成功を手繰り寄せる意気込みが必要です。

 

A経営理念に沿った運営が出来ない方
フランチャイズですので、ある程度は各店舗の足並みを揃える必要はあります。
「自由」を追い求め、マニュアルから大きく逸れる行動をされる方はご遠慮願います。

ただし「店を良くするための創意工夫」でしたら大歓迎。
弊社は良い意味で「大きくない会社」であり、スピード感がありますので、良い案でしたらどんどん取り入れます。
いつでもご提案ください。

 

30万円って高いですか?安いですか?
30万円が高いか安いか、その点はあなたの感覚にお任せします。

 

店舗開店後は売上の7%であり、最高でも30万円までしか御支払頂く必要はございません。

 

松村の実績を見て、その条件のFCに価値があるかご判断下さい。
そして『一緒に一旗揚げたい!』と思って頂けるのでしたら、ご応募下さいませ。

 

もちろん「売上の7%」であっても利益が出るように計算しています。(保証しているという訳ではありませんので、そこはご承知置き下さい)

 

なお、あえて「30万円を上限とする」という上限付き変動型ロイヤルティにしています。
なぜなら、どれだけ売上を作っても、オーナー様は毎月最大30万円しか払わなくて良いからです。

 

今後、弊社直営店より売上る店舗が出てきても、不思議では無いです。

 

しかし「頑張っても頑張っても、その分本部に多く持っていかれてしまう」という歩合方式の場合、ある程度のところで向上心が抑えられてしまうと個人的には考えます。

 

常に上を目指す士気高さをお持ち頂くため、そして末永くビジネスパートナーであり続けるため、このような形式とさせて頂きました。

 

 

 

さいごに

私が創ってきたお店の中でも、特に行列が際立っている「人類みな麺類」「くそオヤジ最後のひとふり」「世界一暇なラーメン屋」はいずれも醤油ラーメン。

 

そして今回発足させた「ラーメン大戦争」も得意の「醤油」で勝負です。

 

「ラーメン大戦争」に対する私の「本気度」が伝わっておりましたら幸いです。

 

では、皆様からのご応募・ご質問をお待ちしております。

 

応募・質問用 LINE@

 

 

新型コロナの影響につきまして

 

ラーメン大戦争本店は大阪の歓楽街「なんば」のど真ん中に位置していることから、一時的な臨時休業とさせて頂いております。

 

しかし、自粛が解除されましたら引き続き「ラーメン大戦争FCプロジェクト」は再開しますので、ご質問等ありましたらお気軽にお問合せ下さい。

 

 

 

補足@:大阪在住の方へ

ラーメン大戦争は、全国から加盟者様を募集しております。

 

しかし「大阪在住の方」に特に多く見られているであろうことから、大阪の方には特に朗報と思える情報を補足しておきます。

 

「ラーメン 店舗数」と調べると、タウンページに登録されている「ラーメン店舗数」を都道府県別に集計しているサイトが見つかります。

 

そのサイトによると…

 

都道府県別のラーメン店舗数

  • 1位:山形(人口10万人あたり66.43件)
  • 2位:栃木(人口10万人あたり45.78件)
  • 3位:新潟(人口10万人あたり42.83件)
  • 8位:北海道(人口10万人あたり435.68件)
  • 30位:東京(人口10万人あたり22.87件)
  • 45位:大阪(人口10万人あたり13.61件)

 

都道府県別に見ると、なんと大阪は「人口に対するラーメン屋の数」が圧倒的に少ないとのこと。

 

ここから分かることは「大阪は他県と比べればライバル店が少ない」という事なので、単純に「店舗数」だけで見れば「他県よりもラーメン屋での成功確率は高くなる」と言えそうです。

 

もちろんラーメン消費量なども違うでしょうから一概には言えませんが、「店が少ない=比例して美味しいお店も少ない=美味しいお店に人が集まる」ともなり得ます。

 

以上補足でした。

 

あくまでも松村の考察であり、「ライバルが少ないから成功出来る」とも限らないことはご承知置きください。

 

 

 

補足A:加入のメリット・デメリット

ラーメン大戦争へ加入頂いた際のメリット・デメリットをまとめました。

 

>>【加盟金・保証金0円】ラーメン大戦争へ加盟するメリット・デメリットを包み隠さず解説します!

 

 

応募・質問用 LINE@

 

フランチャイズ募集中|大阪の大行列店「人類みな麺類」系列店記事一覧

はじめまして。大阪の行列ラーメン店【人類みな麺類】など、6ブランドを運営している松村貴大と申します。ありがたいことに、ラーメン口コミサイト「ラーメンデータベース」さんでは、全国通算3位を頂いております。(時点)【人類みな麺類】※時点弊社が展開を始めたフランチャイズブランド「ラーメン大戦争」は、【ホワイトなフランチャイズ】を目指し、フランチャイジー(加盟者)のリスクを極力下げられる様、仕組みを構築し...